新型コロナウイルス感染症対応についてのお知らせ(7/17更新)

株式会社ダイブよりご就業中・これから就業される皆さまへ いつもリゾートバイトダイブをご利用いただき、ありがとうございます。 国内外での新型コロナウイルス感染症拡大にともない、ダイブよりご就業中・これから就業される皆さまへお知らせです。 現状、政府の対応も6月19日以降、制限が緩和されております。 しかし新型コロナウイルスは感染者がゼロになった訳ではなく、年齢・性別に関係なく感染し重症化するリスクがあります。 私たち一人ひとりが自らを感染から守り、また周囲に感染を拡大させない行動が不可欠です。日常生活の中で飛沫感染や接触感染などを意識し、感染拡大防止のため「新たな生活様式」を実践していきましょう。 1.留意点と三密回避について 以下を参考に適切な判断をお願いします。 ・「換気が悪く」「人が密に集まり過ごすような空間」「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」を避ける。 ・「手洗い」「咳エチケット」「マスクの着用」「人と人との距離の確保(ソーシャルディスタンス)」の徹底。 ・集団での会食など密になるような行動は控える。 【参考】新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」(厚生労働省) https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_newlifestyle.html 2.健康と安全を優先に体調管理と熱中症対策のお願い 睡眠や食事など、規則正しい生活を心がけ、体調に不安があるときは派遣先の担当者へ報告し無理をせず休み、早期回復に努めましょう。 高温や多湿といった環境下でのマスク着用は、熱中症のリスクが高くなるおそれがあります。換気が充分にされており、人とも十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合は、適宜マスクをはずす、こまめに水分補給をするなど、熱中症予防にも留意しましょう。 日ごろからご自身のからだを知り(体温チェック等)、健康管理を充実させてください。 3.感染時、または感染の疑いが生じた場合のご連絡 万一、ご自身が新型コロナウイルスに感染した場合、または感染の疑いが生じた場合も、派遣先担当・弊社担当までご連絡ください。 ・ご自身が検査の結果、陽性と診断された場合。 ・ご自身が国または保健所から、感染者の濃厚接触者として指定された場合や、検査の指示・連絡があった場合。 ・同じ職場・寮内で生活されている方などが感染した場合。 ・ご自身に<感染を疑う症状>がある場合。 <感染を疑う症状>とは 次のような場合は、派遣先担当・弊社担当に連絡のうえ、「帰国者・接触者相談センター」に連絡をし指示に従うようにお願いいたします。 ・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合。 ・重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合。 ※高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方。 ・上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合。 (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。) ・風邪のような症状、37.5度以上の発熱が4日以上続く場合。 【参考】各都道府県の「帰国者・接触者相談センター」案内ページ(厚労省) https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html